COLUMN

  • HOME
  • 住宅コラム
  • 完成前の分譲住宅を購入する上で重要なこととは
お役立ち情報 2021.05.23

完成前の分譲住宅を購入する上で重要なこととは

住宅の購入は多くの方にとって最も大きな買い物の一つであり、人生を左右するライフイベントといっても過言ではありません。満足のいく住宅選びをするために、住宅購入前に知っておきたい知識を把握しましょう。 
今回は分譲住宅のカテゴリーを紹介します。分譲住宅は、不動産会社が土地と建物を一緒に販売するという形式です。
そんな分譲住宅の契約時の注意点を紹介します。不動産の購入は非常に高額な買い物なので注意事項を遵守して、トラブルのないようにしましょう。
今回は分譲住宅の購入契約する際の注意点について解説します。分譲住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

二つの説明書に要注意

不動産契約に関わってくる書類は2種類あり、1つ目は売買契約書、2つ目が重要事項説明書です。どちらも非常に大切なものですが、はじめての方には難しいものでもあります。
新築一戸建ての購入の申し込みをすると、売買契約を結ぶ前に重要事項説明が行われます。
重要事項説明は、買主が対象物件について詳しく知ってから購入するためのものですから、必ず売買契約を交わす前に実施されなければならないことになっています。宅地建物取引主任者からの説明をしっかりと聞き、わからないところは質問しましょう。
売買契約書も契約を交わす前に入手して、その内容を確認することが大切です。重要事項説明書と、売買契約書のどちらもしっかり確認しましょう。

オプション工事は要確認

建売住宅を購入する前には、オプション工事の有無をチェックしましょう。標準仕様にどこまでの工事が含まれるかを確認するためパンフレットや使用者を確認しましょう。不動産会社によっては無料で色を選べたりするオプションや有料で追加できる設備オプションなど、プラスの要望をかなえられる場合があります。建築の状況で対応できる内容や金額も変わってきますので、事前に担当者に相談しましょう。

まとめ分譲住宅を購入する際の注意点として、「二つの説明書」、「オプション工事」の2つをあげました。不動産契約に必要な書類は、売買契約書と重要事項説明書の2種類あります。内容は簡単ではないですが、しっかりと確認をしましょう。オプション工事をする際には追加料金のチェックが必要です。どこから追加料金が発生するのかをしっかりと確認しましょう。

TEL0120-23-5334

10:00〜19:00 定休日 火・水曜日

FOLLOW US

  • instagram
  • facebook
  • youtube
  • line
メルマガ登録メルマガ登録メルマガ登録 会員募集会員募集会員募集